キミに、つながレディオ!すまいるFM(76.7JOZZ3BK・FM)
   >> home >> about us
home news products about us contact
NPO法人NPO埼玉ネット All rights reserved.
about us
特定非営利活動法人NPO埼玉ネット(http://nposaitamanet.or.jp/
 阪神淡路大震災の多様な市民の参加をきっかけに、1999年「特定非営利活動促進法(NPO法)」が施行されました。法施行とともに、NPO・市民活動をサポートするための全国的な支援組織として、「特定非営利活動法人NPO事業サポートセンター」(現在ユニバーサル志縁社会創造センターに合流)」が発足し、我が国における市民活動やNPOの活性化のために、力を発揮してきています。
 また、埼玉県では、2004年8月に、「日本一のNPOが活動できる県づくり」のもとに、NPO活動の拠点となるオフィスを提供するために「埼玉県NPOオフィスプラザ」が開設されました。
埼玉県NPOオフィスプラザ運営協議会での活動、議論を通じて、埼玉県における確たる中間支援団体の必要性を認識し、埼玉県の特定非営利活動法人や市民活動団体の実効性のある新しいネットワークと、全国的なネットワークの埼玉県の窓口組織として、埼玉県を代表するNPO・研究者の参加を得て「特定非営利活動法人NPO埼玉ネット」を設立しました。
 平成20年4月、埼玉県浦和・大久保合同庁舎1号館に「埼玉NPOハウス」を設置。平成25年4月さいたま市北区日進町へ移転。
埼玉NPOハウス内に本格的なラジオ・映像スタジオ「埼玉NPO放送局」をNPO法人フリーマーケット主催団体協議会からの資金援助を得て設置、運営。

特定非営利活動法人フリーマーケット主催団体協議会(http://fleamarket.or.jp/
 「市民に対する自然や環境への理解を普及させるための事業、市民活動を担うボランティアの育成事業及び市民活動団体に対する支援事業を行い、もって豊かで充実した市民社会づくりに寄与することを目的」とする埼玉県認証の特定非営利活動法人(Non Profit Organization)です。
本会は、正会員52名、一般会員3万名の組織であり、首都圏約80会場でフリーマーケットを開催する日本でも有数の団体であり、行政との協働でも多数の実績を有している。 また、埼玉県NPOオフィスプラザ交流フェスティバルにおける環境シンポジウム(環境省、埼玉県環境部より講師派遣)の開催。埼玉NPOフォーラム(主催埼玉県)の企画運営及び環境フォーラムの開催。公園等における、「循環型社会推進及びリサイクル思想(3R)推進展示・啓発」活動およびフリーマーケット。さかど産業祭・坂戸市稲荷久保公園での坂戸市環境部による「生ゴミひと絞り運動」の実践、坂戸市環境展における協働。その他環境の保全に関する活動を行う学校・テレビ局への協力を行ってきた。
さらに、まちつくりの一環としてすまいるFM76.7MHz「キミに、つながレディオ!」制作、埼玉NPO放送局の運営、熱気球体験飛行・ポニーと遊ぼう・音楽ライブの開催等行政・NPOと協働して活動している。
報情公開については、特定非営利活動法人として、年1回所轄庁に対して事業報告をし、公開している。
本会は、安心して生活できる地域社会作りと市民活動の発展に寄与することを目的としており、ネットワークを通して行政と協働するNew Public Organization(新しい公共の担い手としての組織)を目指しており、(公財)さいたま市公園緑地協会評議員、セントラルパーク市民協働会議副代表、北区民まつり委員、NPO法人NPO埼玉ネット代表理事、市民キャビネット災害支援部会長、NPOまつり委員等を派遣している。 また、NPOはボランティアの発展形態・リーダーとして存在しており、ボランティアの組織化、指導をミッションとしている。
岩手・宮城内陸地震、山口豪雨災害に際し、NPO支援センターの中心的組織として、ボランティアを組織・育成するインキュベーター組織であることを実証し、東日本大震災発生後は、即座に救援活動を行った市民キャビネット災害支援部会のメンバーとして、資金的支援、ボランティア派遣、車両の貸し出し等を行っている。
大震災発災後に、既成の枠にとらわれない自発的な市民の発意、工夫及び意思の特性を生かした献身的な初動活動を行った被災地・避難先のNPOネットワークと連携し、国、地方公共団体、企業、労働組合等と協働して、市民が自主的・主体的に、復興支援に真剣に取り組むNPO・市民団体ネットワークの一員である。
オンデマンド放送